旧車會で人気があるバイク:ゼファー

旧車會で人気があるバイク:ゼファー 1980年代レーサーレプリカブームが巻き起こっていたが、後半になるとブームを打ち消すかのように現れたバイクがあります。
フォルムはネイキッドスタイルでカウルを装着していない姿の、カワサキゼファーです。
多くのバイク好きが惚れ込み、まさに新時代の登場ネイキッドブームの立役者です。
旧車會は、リメイクをして乗ることが当たり前だった時代だが、旧式はスピードがあまり出ないことや、トラブルも起こりやすいのに年代ものなので高額でした。
カワサキのゼファーの特徴は、手頃な価格で購入することができるのに、思うようにスピードを出して走ってもそれほどメンテナンスをする必要がなかったので、登場と同時に一気に人気になりました。
伝説であるカワサキZの硬派で男らしい格好が良いスタイルに、旧車會仕様が登場しました。
バブル全盛期に登場したこともあり、圧倒的な人気は凄まじく何年経ってもトップに君臨しています。
ネイキッドモデルの元祖という称号で永遠に語り継がれています。

旧車會で人気のバイク「ゼファー」の走りは

旧車會で人気のバイク「ゼファー」の走りは 旧車會では旧車と呼ばれる古いバイクを購入し、暴走族のような改造を施してコールというエンジンを高回転でリズミカルに吹かす行為や、ミュージックホーンと呼ばれるラッパを鳴らしながら集団で走行する行為をする団体です。
「会」の文字は殆ど現代では使われることがなくなった「會」を使用し、クラシックカーや旧式のオートバイを愛好する「旧車会」とは異なった意味を持っています。
現在の旧車會で人気を博しているのがゼファーというバイクで、レーサーレプリカが流行った80年代の後半に登場した「カワサキ」製のオートバイです。
ゼファーのフォルムはネイキッドスタイルで、カウルを装着していません。
その遺伝子にはカワサキの伝説のオートバイといわれる「カワサキZ」の意志をしっかりと受け継いでおり、単車好きの多くがその姿に憧れを感じていました。
レプリカブームの次のスタイルを模索していたメーカーのなかで、先手を打ち投入されたのがカワサキのこのオートバイだったのです。