このサイトでは、旧車會で人気の高い様々な車種に関して詳細に解説をしています。
自分なりに改造やドレスアップをすることができるベース車となるもののほか、日常的に乗りこなすことができるものまで広範囲に網羅しているのがポイントで、自分の気に入ったモデルを見つけることができます。
さらに、それぞれの特徴や注意点なども詳細に記載されているので、選ぶ際のポイントなども知ることができるので非常に便利となっています。
これからバイクを選ぶ人にとっても、非常に参考となる内容です。

ド注目を浴びたい!旧車會で人気のバイクまとめ

ド注目を浴びたい!旧車會で人気のバイクまとめ 旧車會仕様で人気の高い車種といえば、CBX400Fを思い浮かべる人が少なくありません。
非常にクセのないすっきりとしたデザインでありながら、ポイントをしっかりと抑えているモデルでもあり、時代を経ても古さを感じさせない重厚感も魅力となっています。
バイク本来の機能も確実に備えており、取り回しのしやすさや安定感は現代においても有数のものとなっているのが特徴です。
クセのあるモデルを選びたい場合は、SR400やRZ350が人気です。
SR400はこのクラスでは珍しい単気筒で、アクセルのしっかりとしたレスポンスがマニアの間で魅力となっています。
RZ350は今ではほとんど見られない中型のレーサーモデルであり、加速性能やコーナリング性能などは非常に高いレベルで実現されているのが特徴で、旧車會の中でも垂涎のモデルです。

旧車會で認定を受ける必要があるバイクの音職人

旧車會で認定を受ける必要があるバイクの音職人 旧車會の特徴としては、バイクのエンジン音を甲高く鳴らすコールがあります。
そしてそのコールを巧みに操る人のことを、音職人と呼びます。
ただコールをするのではなく、一定のリズムを奏でるように音を出せる人たちです。
バイクは最高速当たりだと音が高く維持されがちですが、アクセルを掛けないと回転数の低下と共に音が下がっていきます。
その音程差を活かして、ある程度のメロディーを奏でることもできます。
コールはアクセルを回し続けるものではないため、ほぼ停止した状態でも可能です。
けれど上級者であれば、走行中でもある程度の技術はアピールできます。
そんな音職人はただリズム良く音を出せれば良いのではなく、旧車會ごとで認定を受ける必要があります。
もちろん公的な資格などはないので、名乗るだけであれば誰でも可能です。
しかし所属している旧車會の中で認定を受けずに自称をしていると、トラブルなく参加を続けるのは難しいでしょう。
音職人として求められる技術としては、手首の素早い動きがほぼ必須です。
技術をアピールするためには、オンとオフを切り替えられる連続コールが欠かせないからです。
またその切り替えが心地よく聞こえるようにするために、リズム感も必要です。

旧車會に関する情報サイト

旧車會 バイク